卓球と初心者指導(仮)

中学校の卓球部における指導について、主に考えていきます。

ごあいさつ

このブログを始めたきっかけ、中学校での卓球指導について、私のプレースタイル、用具使用歴など。

続きを読む

カット型への転向 ~個人練習編~

カット型への本格的な転向をスタートさせたAさん。

この記事ではAさんとの個人練習について記録します。ただし学校の練習にて、台上カットや台から離れてカットを飛ばす練習など、ある程度カットとお友達になる練習をこなしています。台上あるいは台のそばでカットする感覚練習は非常に大切と考えています。

また、卓球スクールでの卓球歴が二年あるので、中学始めでカット型になっていく選手とは状況が違います。

 

  • 第一回 (11/22)
  • 第二回 (12/6)
  • 第三回 (12/13)

 

続きを読む

カット型への転向 ~用具編~

五年生から卓球スクールにて卓球を始め、基礎技術が一通りできるAさん。中一の11月からカット型への転向が本格的にスタートしました。

この記事には転向に当たっての用具の選択ついて記録します。

個人練習における各技術の伝え方については別記事に記録します。

続きを読む

中学生のベンチにおいて今の私にできること、取るべき方針

こちらの選手がカット型、あるいは相手の選手がカット型であれば、私自身がカット型であるのである程度分かることがあり、それをアドバイスに活かすことができる。

 

問題は攻撃型同士の対戦。上位の部員が接戦になるような選手に対し、私がカット型として勝てても攻撃型でプレーしたら勝てないと思われることが多い。(ロビングだのフィッシュだのを除けば)

そういうレベルが相手の時、明確なアドバイスをすることができない。

 

といったようなことをレッスンプロの兄さんに相談したところ、以下のような回答をいただいた。 

続きを読む

”良い”負け方

今回は勝つことではなく、劣勢になった時、負けが見えた時のプレーや考え方についてまとめます。

こういう考え方を普段からじっくり仕込んでおくと、負けて泣くことが減っていくと考えています。私が関わっている生徒たちにとっては大変重要だなといったところです。

続きを読む

負けて泣く ver.2

以前も負けて泣くことについて書きましたが、あれから選手の様子を見る中で考えが変化たので改めて思うところを書いてみます。

続きを読む

部活動に関わるにあたって

「教育は支援である」、「選手一人一人に片思い」の二つの考え方について。

続きを読む