卓球と初心者指導(仮)

中学校の卓球部における指導について、主に考えていきます。

強打の成功率を上げるには ~シェイク裏裏Aさんの場合~

二年生でシェイク裏裏のAさんの卓球は、良い意味で教科書的と言えるスタイルです。どの技術にも目立った癖が無く、観る人が見れば「なるほどキレイな卓球だ」と感心するはずです。彼女は小学校一年生の頃嗜む程度に卓球を始め、5,6年生の期間に卓球スクールに通った経歴を持ちます。そこではバック表をコーチから勧められたそうですが、「変わったことはしたくないから断った」という王道志向の人物であり、性格はまっすぐ(やや頑固なところもあるかな?そういうところも好きですけれども)です。

真っ向からぶつかる彼女のプレースタイルはうまくいっている時には相手を徹底的に追い詰めることができますが、自身の調子に揺らぎが出た時に脆いスタイルでもあります。今回はそんなAさんの弱点を潰して良さを引き出すため、強打に注目して考えていきます。

続きを読む

スーパー新入生の得点源と考え得るその対策

我が校の一年生Aさんが、市総体にてスーパーシード二名を破って優勝しました。今回はAさんの主な得点源と、それに対しての対策を考えます。

この目的は、よりレベルの高い相手に対して試合をどう組み立てるか、得意を封じようと相手が対策を講じてきたときにどう展開するかという戦略的な準備をしておくことです。それと同時に、Aさんに敗れた我が校のエースBさんがどう展開を変えるべきだったか考え、Bさんのための戦略的な準備も行います。

 

  • SS1戦
    • 各セットにおけるプレー内容
    • 各セットにおける、サービス/レシーブからの得点数、得点率とサービスの種類分布
    • 下回転を持ち上げてからの展開における得失点
    • 具体的な作戦チェンジ案
    • SS2戦

続きを読む

市総体を終えて

市総体が終わりました。

今回はその結果や所感、ベンチで見たこと考えたことなどを記録します。

試合内容等細かい記録は、撮影した映像を観返した後で別にまとめるつもりです。

 

目次

  • 結果と所感
  • カット型の活躍
  • 卓球はシングルス
  • 卓球からの解放
  • 終わりに

 

続きを読む

試合で声を出すか出さないか

練習で個人的にとても嬉しいことがありました。今回はそのことと、試合で声を出すかどうかについて考えていきます。

 

目次

  • 推測の正しさが示された
  • 声を出す人、出さない人
    • Lタイプ
    • Cタイプ
  • 声を出したほうがいい人、そうでない人
    • 声を出したほうがいい人
    • 声を出さない方がいい人

 

続きを読む

KVUに似たラケット

松下浩二オフェンシブに別れを告げ、愛しのKVUの元へと帰って来ました。しかしながらこの名品、廃盤になってしまいました。そこでこの記事では、KVUに似たラケットについて考えてみようと思います。

続きを読む