卓球と初心者指導(仮)

中学校の卓球部における指導について、主に考えていきます。

県総体を終えて 2017

二日間に渡る県総体が本日終わりました。
今回は県総体そのものと、その他いろいろ思うところについて書きます。

続きを読む

ダブルス思考をシングルスに持ち込む

ダブルスにおいて自分たちの不安定さによりラリーが続かない時、繋げばいいと分かっていても攻め急いで失点してしまう時。そんな時には、「パートナーに任せよう」という考え方が有効だ。つまり、自分が決めに行くことは考えずに一本しのいで、次のボールをパートナーに任せてしまうのだ。言い方を変えれば、「失点の責任をパートナーに押し付ける」。ただし、味方のせいにしようという卑屈な思考ではなく、「こーれは私では決められませんわ!よろしく!」というポップな感じで。これが効けば失点の遅延に成功し、ラリーが延びて得点率が上がる可能性アリ。少なくともラリー序盤での失点率は下がる。

 

この考え方をシングルスでも使えないかしら…とふと考えた。つまり次の自分に任せる。もちろん決めに行けると判断したら思い切って行くけれど、ちょっと怪しいボールについては無理せず次の自分、その次の自分に任せる。

考え方としては、難しいボールは無理せず繋いで次のチャンスを待つ/作る、と同じである。しかしながら表現を変えることにより、実践が容易になるということがあるのがスポーツの不思議。

 

 

 

(おわり)

 

 

“さん”付けを褒められた話

卓球人Aさんと食事し、その中で“さん”付けについて褒めていただきました。

今回はそのことについて。

続きを読む

負けの責任を背負うというベンチワーク

中学生の試合における、ベンチワークの一つについて。

先日ある卓球人の方Aさんとお話をして、その中でAさんがおっしゃっていた考え方です。私の考えも混ぜ込んで、メモします。

続きを読む

”比較的広い層”にとって使いやすい用具

ネット上では、「●●と○○は相性がいい」という意見や「○○に合うラバーを教えてください」という質問が散見されます。しかしながらここには、打法との相性や個人の打球感覚・好みといった肝心な情報が含まれていません。このような意見や質問を見るたびに、唸っておりました。ところが最近、広い層にとって使いやすくなる組み合わせが確かにあることを実感しています。

今回は使いやすい用具に関する私の考えと、最近私が試した組み合わせをまとめようと思います。また、この作業の中で見えてきた”女子中学生に向く用具”についても触れます。

続きを読む

初めてのラケットの選び方 ~中学女子編~

中学校で卓球を始める女子生徒が最初に選ぶべきラケットを考えます。ただし、戦型がシェークのドライブ主戦型/異質攻撃型(=バック表やバック粒高)と決定した後に選ぶものです。

この記事ではラケットを選ぶ際の考え方や基準についてまとめます。具体的なラケット名については下記の記事をご覧ください。

初めてのラケット ~中学女子編~ 改訂版 - 卓球と初心者指導(仮)

 

※以前同じような内容を公開していましたが、あれからいろいろと学びがありましたので改訂し、元記事は非公開にします。

 

目次

  • Ⅰ 候補に挙げる基準 
  • Ⅱ ラケット選びの考え方

続きを読む

初めてのラケット ~中学女子編~ 改訂版

中学校で卓球を始める女子生徒が最初に選ぶべきラケットを考えます。ただし、戦型がシェークのドライブ主戦型/異質攻撃型(=バック表やバック粒高)と決定した後に選ぶものです。

この記事では具体的なラケット名を挙げます。

ラケットの選び方については下記の記事をご覧ください。

初めてのラケットの選び方 ~中学女子編~ - 卓球と初心者指導(仮)

 

目次

  • 5枚合板
    • Butterfly 2本
    • Nittaku 5本
      • ニッタクラケット性能相対表
    • [TSP 2本
    • Yasaka 1本
    • STIGA 1本
  • 7枚合板
    •  Butterfly 1本
    •  Nittaku 3本
    • TSP 1本
    • Yasaka 1本
    • STIGA 2本

 

続きを読む