ごあいさつ

このブログを始めたきっかけなど。

順回転か、逆回転か

中3女子の選手からご質問いただきました。 順横系と巻き込みのサービス、それぞれのメリットは何か。 どちらが私に合っているか。 を知りたいとのことでした。

新1年生の用具 ver.2019

今年も新入生入部の時期がやって参りました。 以前も初心者の用具について書いたことがありますが、この1年でいろいろと情報が更新されたので再考。 未経験の女子中学生を想定。

1年生指導 簡易版

話して伝えるならともかく、今のままでは長すぎる…ということで、詳細を伝えるのは直接会った時ということにして、メモ書き程度の簡易版を作成。

新1年生の指導について part2 ~戦略・練習編~

前回、シェーク裏裏が最初はよろしいですよ、その後で分岐していくならこういう用具で…というお話でした。 今回はシェーク裏裏での育成期間における指導方法を、その先に見据えるプレースタイルの予想図に触れてから記述していきます。

新1年生の指導について part1 ~用具・戦型編~

エースの要請に応えるため、新1年生の指導のガイドラインを作成。 前回は卓球の前段階の話だったが、今回はようやく卓球のお話に。

心を守れる体制

新3年生から、私の元へ直接連絡がありました。 私のいなくなった部活で、顧問から自分たちの心を守っていくためにどうすればよいか。どういう体制を作っておけばよいか。新1年生の指導はどのように進めていけばよいか。出来れば文字でまとめて送ってくれない…

シェークバック粒

バックに粒を貼ることの狙いや戦略・戦術、用具等について。

緊張への対応

卓球ジャンキーさんより。

成長さえ実感できれば

中学スタートの子供たちの満足度をどう上げていくか。 勝ちたいあまりに自分を精神的に追い詰めてしまう選手をどう支えるか。 高校進学を機に卓球をやめてしまう人たちをどうやって減らすか。

カールP1Rとの別れか

ここ6,7年の間はずっと、カールP1R特薄を使ってきました。 数か月前にフォア面をキョウヒョウNEO3に替えて以降は厚さを薄に上げたものの、P1とお別れすることなくやってきました。 しかしながら現在、別の粒高を探し始めています。

どう責任を取るのか

私のレッスンを受講している、ある女子中学生のお話です。

信じるために疑え

とかく、「信じることは大切」などと言われますが。

信頼

どうもこんにちは。 定期的に読んでくださっている方がいらっしゃるなら、お久しぶりです。 こちらでは一月以上音沙汰無い状態でしたが、私は変わらず卓球を続けております。 今回は、中学生たちとの間での「信頼」というものについて思うことを書いていこう…

勝ちを目指すチーム ②

1.手段を目的化する”教育”の結果 2.勝ちを目指すチームか、仲良しチームか 3.全国を目指す苦悩 4.意識・行動か目標のどちらかを変えないと不幸になる

勝ちを目指すチーム ①

地区の新人戦が終わりました。 結果だけ見れば団体は優勝して県へと進むわけですが、このままではいけないと感じています。

たまには用具のお話

世間話的なものと、個人的な用具チェンジのあれこれなど。

シングルスかダブルスか

秘密練習をしているカット型のAさんが、ダブルスをメインにしていきたいと考えているようで…

右利きシェーク裏裏、フォア粘着の女子選手

を探しています。

人生二周目 Part3 ~3年生編~

ついに3年生へ。 アタクシの自分語りも混入しております。

人生二周目 Part2 ~2年生編~

このお写真なんかよく似ていると思うのですけれど、人様にはきっと理解されないんですね。どうもワタクシ、人のお顔をだいぶ”ざっくり”と見ているようで。しょっちゅう「この人とこの人似てない?」なんて思っているんですね。 というわけで、二年生の頃のお…

人生二周目 Part1 ~1年生編~

今回は、先日引退した3年生のエースのお話です。このお写真の鈴木梨央さんに顔が似ているので、Sさんとしてお話します。 彼女が1年生だった頃から3年生の夏を終えるまでを振り返っていきます。常連?の読者の方にはお馴染みの話も登場すると思います。 とに…

「勝ちたい」に「好き」が加わる

私がお世話になっているコーチの元へ通い始めた、フォア表のAさん。 現在週1でレッスンを受けていますが、夏休みに入り私が開講(?)している秘密練習にも参加の意を表明しました。

コトダマ ①

私にとって強く印象に残った言葉と、それに関する思いを時々書き連ねようと思います。 たまにはこういう、フワッとしたものを…

ジュニア1次予選 Part1

中学生だけの地区予選が1次予選で、これを抜けると高校生に混じっての地区2次予選へ出場することができます。

県総体を終えて 2018

ようやく、3年生たちは嵐の中から抜け出しました。

とんでもないクソ野郎

でした。顧問の教員が。

秘密練習へ、新規参入

昨年から、カット型へ移行していくAさんと始めた秘密練習。 ここに新たに、同級生2人(B、Cさんとします)が参加することになりました。

怒りが蓄積する

かねてよりこのブログを読んでくださっている方はお気づきかと思いますが、最近私の文章が過激化の一途を辿っております。 その理由は、大きく2つと考えます。

中学スタート勢の横並びから抜け出すには

個人レッスンに近い形で教えてもらえる時間を、いかに増やすかだと思います。