読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球と初心者指導(仮)

中学校の卓球部における指導について、主に考えていきます。

トップ選手のサーブを真似る

最近、私自身が新たに使えそうなサーブを習得しつつあります。 トップ選手の真似をしてみたらたまたま私に合っていたようで、今回はそのことについて書いていきます。

コーチに求めること、コーチとしてどうありたいか

またまた人様の記事から刺激を受けまして。 私が選手としてコーチに求めることと、コーチとしてこうありたいということを考えてみようと思います。私にはコーチのような存在がいたことはないのですけどね^^; いたらこうであってほしいなということで。 上…

練習方法アイデア ~チェックポイント~

卓球のメモ帳 | 第一チェックポイントみたいなもの これを拝借して指導案を作ってみよう! ということで…

引用指導論 更新1.0ver

卓球指導に関する、興味深いと思った記事を紹介していこうと思います。 興味深いと言うとなんだか偉そうですが、「フンフン、なるほどなぁ」とか「そういう視点もあるんだなぁ」といった感想を抱いた記事です。

カットの二人を考える 1

1/21の練習における、カット型の2年生2人の練習内容とその様子について考えます。

本日の練習('17/1/21)

今後はこういう風に、その日の練習であったことを一つにまとめて書いていくと思います。 練習の具体的な内容に触れる部分については、私的メモの要素が強くなります。

普段言えなかった本音

先日の大会で、選手の皆さんにお話ししたことを書き留めておこうと思います。

外部練習 ~気になるあの子~

今日も今日とて、練習で印象に残ったことについて書いていこうと思います。 今日2時間ほど、外部施設にて中学生2人の練習相手をしてきました。 今回も便宜上、AさんとBさんとしておきます。

「なんでそこで○○するんだ!」

私が記事の中で何度か問題視してきた言葉です。 どうしてそんなことを言えるのかと、ずっと不思議でした。なぜなら、学校の授業を含む教科指導においてそんなことは言わないはずなのです。授業中に間違えた生徒に「なんでそこで計算ミスをするんだ!」と責め…

声を出すということ ~卓球部の指導者としての立場から見る~

こと中学校においては、練習や試合でとにかく声を出せという指導がなされることが往々にしてあると思います。 少し考えれば分かることですが、ただ声を出すだけで何かがうまく行くはずがありません。どういう目的をもって、どのように「声を出すこと」を利用…

大会へ

先日、中学生たちが県外の大会に参加しまして、それに監督代行として同行しました。 半分日記のようなスタンスで、その日気付いたこと、考えたことをつらつらと書いていこうと思います。 ※便宜上、私の在住県をX県、大会会場のある県をZ県とします。

自分で考えて練習するということ

「考えて練習しなさい」 中学校や高校の部活動ではよく言われることだと思いますが、このことについて友人と話す中で出てきたことを書いていこうと思います。 中学生の指導に大いに関わると思います。

なるほど 2 ~練習でのミス~

私は普段中学生の練習相手をする際に、「ミスを恐れず思い切って打つ」ことが大切だと言ってきました。 中にはドーンと思い切ったプレーが常の子もいますが、女子だからかなのか全体的に小さくまとまったプレーが多くなりがちです。 細かい技術はそれでいい…

説明することの難しさ 1

先日興味深いブログを発見しました。 その中に中学生の指導に大いに関係する内容を見つけたので、記録しておきます。 内容に触れる前に、まず文体が綺麗で読みやすいなぁと感心しました。 私はどうしても文章が長くなってしまいがちなので、本意が伝わる最低…

女子中学生のカット打ち ~アイデア編~

↑のつづきです。 切れたカットに対してどう対処するか。 私の中の引き出しをひっかきまわして考えてみたのが以下の案です。 ラケット面を立てる 前へスイングする 右足への溜め、沈み込みを大きくする 腰の捻転を大きくする スイングを速くする スイングを大…

ミス絡みのお悩み ~前陣異質・カット型~

前陣異質型にはドライブを打つので、次のようなものが挙がります。 ①強いボールをうまくブロックできない ②フォアに高く浮いたボールを粒で強打できない カット型についてはこちらからケアを入れるので生徒から言ってくることは少ないのですが、聞いたところ…

女子中学生のカット打ち ~出来事編~

先日ドライブ主戦型の子(今回の主役、Aさんとします)と練習していて、回転の多いカットを持ち上げられないという問題が発生しました。 筋力もそれほどなく身体も小さい女子中学生のカット打ちについて考えていきます。 切れたカットが上がらない Aさんは…

ミス絡みのお悩み ~ドライブ主戦型~

中学生と練習していて、練習相手が変わるタイミングで「何かアドバイスはありますか」と尋ねてくるので、そこで練習中何に困ったか、あるいは具体的に尋ねたいことはあるかなどとやり取りします。 また、練習中にも「今のどう?」とか「こういう球よりさっき…

怪我を押して出場させることで発生する問題

怪我の実態 先日身体を痛めていた件の子と少し話しまして、実態が見えてきました。 練習だけで痛みが顕著なのかと思っていましたが違いました。 実際には団体戦の日にも歩くのが辛いほど痛みがあり、団体戦に出るのを控えたいと先生に申し出たそうです。 し…

高弾性とテンション ~フォアで変わるバックの打球感~

粒高や表ソフトラバーを使用している人ならご存じでしょうが、もう一方の面の裏ソフトを別のラバーにすると粒・表の打球感が変わるという現象があります。 先の記事でも言及していますが、最近中学生に別の裏ソフトラバーを試運用してもらっています。

I LOVE WATCHING YOU PLAY.

ジュニア以下のスポーツについて、興味深い話を見つけたので記録しておきます。 TED Talks という、各界で活躍する人を呼んで講演を行うものです。 今回の講演者は、米国でサッカーのプロコーチをされている方のようです。 全体の概要を訳し、個人的に重要と…

高弾性とテンション 2

今私が指導しているカットの子は、フォアに高弾性ラバーを貼っています。 カットにしろ攻撃にしろ、こちらからは弾みが足りないとは見受けられないのですが、そろそろテンションラバーを試しに触ってみてもらおうかなと考えていました。 一年弱高弾性を使っ…

手のひらの痛み

先の記事「怪我」と少し関連して、手のひらの痛みについてです。 私は数年前まで非常に力を入れてラケットを握る傾向があったため、2時間も練習すると手のひらの一部が痛くなることに悩まされていました。 今でこそ手のひらが痛むことはなくなりましたが、こ…

怪我

怪我と言うか、身体を痛めた子について思う所を書き留めます。 どういう経緯でそうなったのかは分からないのですが、卓球の練習により身体(関節ではなく筋肉のようです)を痛めた子がいました。 実力的には部内で上位なので団体戦に起用されます。しかしや…

作戦チェンジ

(最終更新日 ’16.10.19) 先日の練習試合でベンチに入っていて良いことがあったのでφ(..)メモメモ

ショック

(最終修正日 ’17/2/21) ある日私が中学校へ伺うと、部長が決まったとのことでした。 その子は明朗で責任感もあると思っていましたし、表情も普段と変わりないように見えたのでそれほど気に留めませんでした。

中学生へのベンチアドバイス

これも私が普段から気を付けていることやこうしたいなぁと考えていること、どうかなぁと思った点についてまとめます。 1 指導者と生徒間での信頼関係 2 試合前に伝えたいこと 3 試合中のリアクション 4 セット間のアドバイス 5 試合後のケア 1. 指導者と生徒…

中学校の部活動で指導するにあたって

将来卓球競技で食べていくようなレベルの生徒はいないことを前提として、私が重要だと思う点をまとめます。 同時に、何校かの顧問の先生方を観察して感じた違和感についても触れていきます。