読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球と初心者指導(仮)

中学校の卓球部における指導について、主に考えていきます。

2/18の練習

かつて数年間練習を共にした戦友の一人と数か月ぶりに練習しました。 ちょうど中学校での練習も予定されていたので、そちらにも同行してもらいました。 こちらの記事には中学校での練習に関してのみ書きます。 ※私の練習についてはサブブログへ移転しました。

スマッシュを学ぶ

クラブチームを運営しているペン表の方にスマッシュを指導していただきました。 中学生に還元できそうなので、記録します。

初めてのラケット ~中学女子編~

中学校で卓球を始める女子が最初に使うラケットを考えます。”最初”と言いましても、大抵のレベルにおいて中学三年まで使い続けられる性能があるものばかりです。 ただし、戦型がシェークのドライブ主戦型/異質攻撃型と決定した後に選ぶものです。 カット型や…

ディフェンスⅣの代替品

ディフェンスⅣが廃盤になるそうで。 我が教え子にも使用者がいるので、代替品を探しておきたいと思います。 打球感、重さ、弾みが近いものを探したいですね…。

部内でのグループ

最近、中学校での練習から帰る途中で興味深いものを発見したのでそのことについて。

トップ選手のサーブを真似る

最近、私自身が新たに使えそうなサーブを習得しつつあります。 トップ選手の真似をしてみたらたまたま私に合っていたようで、今回はそのことについて書いていきます。

コーチに求めること、コーチとしてどうありたいか

またまた人様の記事から刺激を受けまして。 私が選手としてコーチに求めることと、コーチとしてこうありたいということを考えてみようと思います。私にはコーチのような存在がいたことはないのですけどね^^; いたらこうであってほしいなということで。 上…

練習方法アイデア ~チェックポイント~

卓球のメモ帳 | 第一チェックポイントみたいなもの これを拝借して指導案を作ってみよう! ということで…

引用指導論 更新1.0ver

卓球指導に関する、興味深いと思った記事を紹介していこうと思います。 興味深いと言うとなんだか偉そうですが、「フンフン、なるほどなぁ」とか「そういう視点もあるんだなぁ」といった感想を抱いた記事です。

またまたラクザX

(最終更新日:’17/2/21) ライズからラクザXソフトに替えいくつか問題を抱えていたAさんでしたが、先日の練習でおしゃべりしたところ、段々良くなってきたようです。

ネットのひも

公立の中学校や高校ではありがちですが、ネットのひもが脱落していて支柱に縛り付けるひもだけで固定している場合があります。 御多分に洩れず、私が外部協力している学校でも数台でそのような状況が見られます。 工夫したところで、あるべきひもがなければ…

カットの二人を考える 1

1/21の練習における、カット型の2年生2人の練習内容とその様子について考えます。

本日の練習('17/1/21)

今後はこういう風に、その日の練習であったことを一つにまとめて書いていくと思います。 練習の具体的な内容に触れる部分については、私的メモの要素が強くなります。

大会 つづき

先日の県外大会での発見のお話です。 思い出したので書き留めます。

ラバーの打球感(硬度)お話 つづき

最近、ラバー硬度について情報を集めています。 その中で考えたことと、気になっているラクザ7ソフトの硬度について書いていきます。

カット型女子中学生のフォア面とラバー硬度のお話

カット型の二人をそれぞれPさん、Qさんとしておきます。 ↓前回の記事↓で触れたように、二人ともライズからラクザXソフトへ変更しました。

(選手の)圧倒的成長

先日ある選手(いつものように、Aさんとしておきます)が、東京選手権県予選に参加しました。 練習でその様子について聞こうと思っていたのですが、練習内容で頭がいっぱいで忘れてしまいました。詳しいことは次に会った時にお喋りしてこようと思いますが、…

世界のカット主戦型

CRAZY DEFENSIVE PLAYERS

先生と呼ばれて

教員にも何種類かのタイプがあって、そのうちの一つを私は「コントロール系」と呼んでいます。 どんなタイプかと言うと…

身体を使ったドライブ

2:38~ [ポイント] おしりごと回して、上半身で右を向いて左手でキャッチ そこから回す前の姿勢に戻る勢いを感じる 実際に打つ時には、同じくらい力を抜いてビュンッと戻るようにして打つ 最初は足の位置を動かさず、捻りだけでやってみる 速いボールを打つ…

謎のこだわり

用具について、一つだけ強いこだわりがあります。 それは、粒高は赤いものを使うということです。 なぜか粒高や表ソフトは赤というイメージがあるからです。 でもでも、我らがJoo se hyuk兄さんは黒い粒高なんですよね…。 松下兄さんの粒高は赤でしたが。 裏…

普段言えなかった本音

先日の大会で、選手の皆さんにお話ししたことを書き留めておこうと思います。

OMEGA V を考える

メーカーによればTOURはスピード、PROはスピンとのことなので、PROも気になっています。 今回は四種類のOMEGA V について見ていきたいと思います。

外部練習 ~気になるあの子~

今日も今日とて、練習で印象に残ったことについて書いていこうと思います。 今日2時間ほど、外部施設にて中学生2人の練習相手をしてきました。 今回も便宜上、AさんとBさんとしておきます。

ライズとラクザXソフト

ライズとラクザXソフトの比較です。 ライズと比べてXソフトはどんな感じか、中学生の感想を箇条書きでメモします。 私が相手をしていて感じたものには下線を引いています。 以前の記事の内容と重複する箇所もあると思います。 (おそらくシートもスポンジも…

赤黒反転多球練習

先日の練習で、カット型のAさんに変わった(?)球出しをしてみました。

「なんでそこで○○するんだ!」

私が記事の中で何度か問題視してきた言葉です。 どうしてそんなことを言えるのかと、ずっと不思議でした。なぜなら、学校の授業を含む教科指導においてそんなことは言わないはずなのです。授業中に間違えた生徒に「なんでそこで計算ミスをするんだ!」と責め…

売れている用具は良い用具

もちろんレベルによって適正の用具はあります。テナジーは「性能の良い」用具ですが中級者以下にとって「良い用具 」とは限りません。 しかしながら、同じようなレベルに使用者が多いラバーはそのレベルにとって良い用具であることがほとんどです。 私は一度…

卓球オノマトペ

卓球の打球音を擬音で表現して中学生に伝えることは多いです。 卓球の感覚を伝える時、男性には言葉で詳しく説明し、女性には音で表現した方が伝わりやすいという話を聞きました。(どこで聞いたか忘れてしまいました。) そこで、私自身の擬音感覚(①)と知…

声を出すということ ~指導する側から見る~

中学校においては、練習や試合でとにかく声を出せという指導がなされることが往々にしてあると思います。少し考えれば分かることですが、声を出すことは目的ではなく単なる手段です。しかも、ただ声を出すだけで何かがうまく行くというのは稀です。 どういう…

大会へ

先日、中学生たちが県外の大会に参加しまして、それに監督代行として同行しました。 半分日記のようなスタンスで、その日気付いたこと、考えたことをつらつらと書いていこうと思います。 ※便宜上、私の在住県をX県、大会会場のある県をZ県とします。

自分で考えて練習するということ

「考えて練習しなさい」 中学校や高校の部活動ではよく言われることだと思いますが、このことについて友人と話す中で出てきたことを書いていこうと思います。 中学生の指導に大いに関わると思います。

用具重量メモ

個体A,B + ライズ中 + カールP4極薄 = 155g 個体C + ラクザXソフト中厚 + カールP4極薄 = 149g →ラケット重量の差??それともライズよりラクザXソフトの方が軽い?? 個体C + ラクザ7中厚 + カールP4極薄 = 149g 個体C + ラクザ7厚 + カールP…

カット型女子中学生のフォア面ラバー

私が練習相手をしているカット主戦型の女子中学生が、最近フォア面のラバーを変更しました。 PさんとQさんとしておきますが、二人ともラクザXソフトへ変更しました。 ラバーの変更を強制したわけでは決してないのですが、この変更について少し後悔と言うか…

卓球用具をインターネットで買うということ

私が指導している中学生が用具変更するにあたり、金額的な部分が気になりました。 というのも近年ラバーの価格上昇が続いており、とくに店頭でのテンションラバーの価格は4000円を超えることが当たり前だからです。 中学生がお小遣いで購入する場合、この金…

好きなグリップデザイン

性能は重視せず、グリップの見た目だけで気に入っているラケットをまとめてみます。 まったり記事です。

高弾性の良さ ~中学生の感想~

最近、私がアドバイスしているカット型の中学生がフォア面のラバーを変更しました。 数か月間試打してもらった上で納得しての変更ではあったようですが、高弾性からテンション系への変更のため戸惑う部分も多いようです。 印象的な感想を貰ってきたので、今…

中学校での戦型の決定 Part4 ~戦型変更の実例~

先日中学校の練習にて、戦型を変更した子(Aさんとします)と少しお喋りしました。 そのことについて書こうと思います。

とある練習場へ

先日、ある卓球場に初めて訪れ練習してきました。 それに関して書いていこうと思います。 市井のプレーヤーとしてはだいぶレベルの高い人たちが集まっていて、その内訳は8~9割が社会人、残りが大学生と高校生といったところでした。中心となる数名の社会人…

再びテンションへ

直近のラバー変更でフォア面をブルーファイア特厚からマークVHPS厚に替えていましたが、再びテンションへ回帰することにしました。 ラクザX厚へチェンジ ブルーファイア厚にすることも考えましたが、下回転系の技術をする際に少し柔らかい感じがすることと…

なるほど 2 ~練習でのミス~

私は普段中学生の練習相手をする際に、「ミスを恐れず思い切って打つ」ことが大切だと言ってきました。 中にはドーンと思い切ったプレーが常の子もいますが、女子だからかなのか全体的に小さくまとまったプレーが多くなりがちです。 細かい技術はそれでいい…

初心者向けラバー ~裏ソフトPart2~

今回はザルト(Nittaku)とヴェガシリーズについて触れます。

高弾性の良さ

後発のテンションラバーが全ての性能面で高弾性を上回っているような気がしてしまいますが、実際にそうではないことを最近実感しました。 初心者向けのラバーについて考えるに当たり、必ずしも高弾性<テンションラバーでないことをお伝えしようと思います。

伊藤美誠のカット打ち

先日の「切れたカットが上がらない」という件と関連しています。 身長的に同じくらいであろう伊藤選手のカット打ちを観察してみることにしました。 下の映像の相手選手は中国女子チョッパー、Liu Fei選手です。 なぜこれを選んだかと言えば彼女が僕のお気に…

初級者向けラバー ~裏ソフトPart1~

中学校で卓球を始める子供たちが使うのに良いであろうラバーを考えます。 そうは言っても決して性能が低いというわけではなく、中級者でも十分使えると思います。(ただし、攻撃技術に長けた男性の方にとっては足りないかもしれません。) 裏ソフトには大き…

リーフラス

3か月ほど前に見つけた記事を紹介します。 「リーフラス」という企業がカンブリア宮殿で取り上げられたことについての記事です。 従来の、厳しすぎるスポーツ指導と相対する方針のスポーツ教室を全国で展開しています。 私の個人的な思想と一致する部分が多…

台で手を拭くあの動作

卓球をやっている方ならご存じであろう、手のひらで台に触れるアレです。 この動作の理由としてよく言われるのが「汗を拭いている」というものですが、かねてから私はそれが本質ではないと思っていました。 もとより私は汗を拭くためにこの動作をしたことが…

中学校での戦型の決定 Part3 ~最終決定~

Part1では教員による押しつけが問題であることと裏ソフトが優れていること、 Part2では押しつけられがちな前陣異質型について考えてきました。 では具体的にはどのように戦型の決定が行われるべきか、このパートで考えていきます。

中学校での戦型の決定 Part2 ~前陣異質型~

Part1では、部活顧問から戦型の押し付けが行われる非常事態と、裏ソフトが総合的には最も優れているという私の考えについて述べました。 今回は、特に押し付けられがちで問題だと思っている、前陣異質型について考えます。 前陣異質型から見ても、ドライブ型…

中学校での戦型の決定 Part1

卓球では「戦型」という概念が存在し、それによってプレーの様相が大きく異なります。これは卓球の醍醐味の一つですが、時に大きな問題となることがあります。 今回から三回に分け、中学校で卓球を始める子供たちの戦型の決定について考えていきます。 教員…