卓球と初心者指導(仮)

中学校の卓球部における指導について、主に考えていきます。

ノスタルジー?

先日、10数年付き合いのある友人と久々に卓球をして来ました。

中学高校と共に卓球をやった仲で、高校時代には彼は絶対的なエースでした。

 

彼は非常にフォアハンドの感覚が優れており、サービスにも長けています。さらに左利きという、天賦の才の持ち主でもあります。

私が知らないような表現で攻撃について教えてもらうことができ、さらにいい練習もできたので大変満足して家路に着きました。

 

高校当時の私はカットマンとは呼べない代物で彼には全く歯が立たず、一生勝つことはないだろうなと思っていました。

その後私は圧倒的な練習環境を手に入れることができ、その彼と互角に戦えるまでになりました。

ある種強い憧れを抱いていたプレーヤーなので、ようやっと彼と並んだかぁ…と思うと強くこみ上げるものがあります。

 

互角に戦えるようにはなりましたが、感覚の上限はまだ彼に及ばないなぁと感じます。

つまり、私がドライブ主戦型だったらまだ彼には勝てないだろうなと思うのです。私がカット型であるために彼が普段多用しない「カット打ち」という技術を強いるので、互角になっているなぁと感じます。おまけに粒高によるナックルも混入しますし(なお彼にとっては狙い球にしかなりませんでした;;)。

こんな風に、裏裏であったら負けていただろうプレーヤーにカット型だったから勝てたというのが、カットをやっていてよかったなぁと思う瞬間の一つです。

 

彼は以前の私を知っているので、カットがたくさん返ってくるようになったとか、動きが滑らかになったとか、改善したところを認めてくれます。これはかなり嬉しいことです。

やはり「上手になったね」と褒めてくれる人がいるのはとてもいいことだなぁと、身をもって感じました。

 

以上、雑感でありました。