読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球と初心者指導(仮)

中学校の卓球部における指導について、主に考えていきます。

外部練習 ~気になるあの子~

今日も今日とて、練習で印象に残ったことについて書いていこうと思います。

今日2時間ほど、外部施設にて中学生2人の練習相手をしてきました。

今回も便宜上、AさんとBさんとしておきます。

 

 

                  

気になるあの子

                  

「気になるあの子」というのは個人的に心配していた子のことで、その子をAさんとしましょう。

Aさんは年末から練習に来ていなかったので、気になっていました。

年が明けて練習に行くと、体育館から出てくる女の子が。おやAさんだと思ったら泣きながらトボトボと帰っていきます。只事ではありません。

声をかけられる様子ではなかったので黙ってすれ違いました。

 

先日の大会でAさんの同級生に聞いてみました。(Aさんは大会にも不参加でした。)

聞き取りから分かったことは以下の通りです。

  •  Aさんは精神的にだいぶ参っている
  • 年末は風邪を引いていて休んでいたが、打球練習ができる程度には回復したので年明け練習に来た。でも(後日マラソンのようなイベントがあったらしく、そこで)走れないなら帰るように言われて、泣いて帰った。

 

 うーん…。

以前からAさんは学校での練習中、一番辛そうな表情をするなと思って気になっていました。先生との関係が一番良くないとも感じていました。

他の子に比べ、先生に言われたことを気にしてしまうというか、重くのしかかってしまうようなのです。

 

今日の練習にはAさん、Bさんのお母さんもいらしていて、お話しすることができました。

Aさんのお母さんが話してくれたのは次のような内容でした。

  1. (顧問の)先生に会うのも嫌で、学校に行っても休み時間に教室から出なくなっている。(廊下で先生に会うリスクを避けたい)
  2. 最近あまり笑わない。
  3. 部活には行きたい、卓球はしたいのだけれど、先生がいることを考えると気持ち悪くなってしまう。(吐き気のようなものが生じるとか)
  4.  昨日の夜から今日の練習を楽しみにしていた。
  5. 久しぶりに笑っているのを見られて良かった。

 

うーん、いよいよもって、私の中での顧問の先生への信頼が揺らいできました。

同級生に聞いていたよりも、事態は深刻ですね。1~3のどれも、かなりショッキングです。精神的に相当よろしくない状態です。

先生が悪人とは思いませんが、もはや良い人と思うのは困難ですね…。

 

救いだったのは3,4ですね。(救いと感じているのは私であって、本人にとって本当に救いになっていればいいのですが…)

明日だ明日だと楽しみにしていて、今日久しぶりに笑っているのを見たということでした。

そう言ってもらえると私も嬉しいですが、今後も注意しながらAさんの様子を見守らなければいけませんね。といっても練習に来てくれなければ、私からはどうしようもないのですけれど…。

 

 

                  

おや、Bさんのようすが…

                  

当然ではありますけれど、Bさんの様子も学校の練習での様子と少し違いました。

集中してやっていたと思いますが、いつもより表情がにこやかなように思いました。

(気のせいかもしれませんがね(´◔‿ゝ◔`))

 

そうだとしたら、先生がいないことでリラックスした状態でやれたのでしょう。

そういう風に自然体で集中してこそ、彼女たちの様々な力は伸びていくと思います。

外部からの圧力で強制的にちゃんとさせるのではなく、軌道修正や方針の提示をすることで上手く導きたいものですね。そういう指導が通る子たちだと思いますし。

 

 

                  

大会でのお話

                  

先日の大会で、普段話せないような、私が思っていることをいろいろとお話ししました。

部活動について、先生について、卓球について。

 

ここで書くとこの記事が長くなってしまうので、これについては別の記事で書きます。

 

こちらです↓


 (おわり)