読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球と初心者指導(仮)

中学校の卓球部における指導について、主に考えていきます。

Q.回転の分からないサービスをどう返せばいいの?

中学生から質問をいただきました。

 

最近私が醸成中の巻き込みサーブに、部員全体が苦戦しております。

この質問をしてくれたのは、部内で卓球歴最長のAさんと部内最強のBさん。彼女たちでさえも、なかなかレシーブが大変そうです。

 

最初は、中学生の世界に無い回転量だからかと思っていました。そこで昨日、格上のお兄様・おじ様方相手に試してみましたところ、中学生ほどの数ではないものの全員からサービスエースを取ることができました。しかも上に対して下と思って触れてのオーバーミスあるいはその逆が見られました。このことから回転量の大小よりもフォロースルーによる”騙し”が、このサーブの主成分であると判断できました。

 

私はバック粒のカット型ですから、台から出る場合は横回転に気を付けつつ打点を落としてカット風味で触ればなんとなく返球できてしまいます。バックなら切れた下以外は大体同じような感じで返球できますし、フォアに来たら思い切り切って回転で飛ばします。浮いても思い切り切ればチャンスがありますし。

短い場合は浮くのを覚悟で思い切り切ることを目指します。それで簡単に得点されてしまうようなら反転して粒高を使ってみるとか、面を変えて切ってみるなどします。

(カット型に対して台上からの展開を嫌う人は一定数いて、バックにロングかフォア前に下しか出さない方もいらっしゃいます。こうすればこちらのレシーブを、ほぼカットとツッツキに限定することができますからね…。ドライブ主戦型の見えている世界とはだいぶ違うので、あまり表題のような問題に直面したことが無いのかもしれません。)

 

いずれにしても、自分の打ち方でどうにかしようという考え方ですね。私はあまり”見る”のが上手ではないのでこういう発想になりがちなのだと思います。逆に言えばフォロースルーを対して見ていないから、それで騙されることはない?かもしれません。

 

読者の皆様、特に「攻撃型」として括られる戦型の皆様はどうお考えでしょうか。

表題の問いにつきまして何かしらのアイデアをお持ちの方、もちろんご自身の考えで構いませんのでぜひご教授いただきたいです。

 

 

(おわり)