読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球と初心者指導(仮)

中学校の卓球部における指導について、主に考えていきます。

5/16の練習② ~クリッパーが重い・続編~

先日、ある生徒Aさんの用具が190gに達していた件について書きました。今回はその続きのお話です。

 

5/16の練習で、おそらく件のクリッパーウッドが100g近い個体だと伝えました。するとAさん、「もう一本あるんです」と言うではありませんか。両面ヴェガヨーロッパ厚でしたが量ってみると171g。以前Aさんのメインラケット+両面ヴェガヨーロッパ厚で量ったところ180gでしたので、ラケット単体の重さが10g弱違うことになります。サブラケット単体の重量はおそらく90g前後、平均的な重量と思われます。そちらにC1G1を貼るのがいいかなと伝えましたが、やはり打球感が変わるのと回転に負ける感じがするのが気になるとのこと。確かに100g近いラケットに比べると不足を感じるかもしれませんが、90g前後の個体がクリッパーウッド本来の性能を持つわけですし、190gでは身体への負荷が大きく前陣で振ることも厳しいです。彼女はなかなか簡単には納得しない質なので、少しずつ懐柔してサブへと乗り換えてもらおうと思います。打球感や異常な回転性能と引き換えに身体を壊してしまっては元も子もありませんから…。

 

平均的な個体を購入することを勧めようかとも思いましたが、1万円前後の出費になるため安い買い物ではありません。おいそれと提案できないなぁと思いつつ向かいましたが、まさかサブラケットを持っているとは…。いつから持っていたのでしょう。気になります。何にしても、思っていたより簡単に事が解決しそうです。

イデアを下さった方々に感謝を致しつつ、ホッと胸を撫で下しているところです。

 

 

(おわり)