卓球と初心者指導(仮)

中学校の卓球部における指導について、主に考えていきます。

女子カット型におけるループドライブの必要性

我が校のカット型選手の試合を観て、ループドライブを覚える必要があると感じました。そこで今回は、表題の件について考えます。

 

ループドライブが必要になる試合

我が校のカット型の三年生、ループドライブを使わずとも勝つことができる試合は多いです。難易度が低い順に…

  • ツッツキの変化だけで得点出来る場合
  • ツッツキとカットで粘れば相手が打ちミスをする場合
  • 相手がツッツキでの粘りに入ったが、ツッツキの変化でチャンスボールを作って打ち込めば得点出来る場合

これらは中学始めでシェイク裏裏の三年生に大抵当てはまります。クラブ等で教わっている中学始めの選手あるいは小学生のころからやっている選手の中にも、ツッツキやカットの変化でごまかせば強打を封じることができる選手もいます。しかしその上のステージでは、ツッツキとカットの変化だけでの誤魔化しが効かなくなってきます。そして以下のような状況になると、ループドライブが必要になってきます。

  1. ツッツキだけで粘られ、変化にも対応してきて強打させてもらえない
  2. ドライブすると分が悪いと相手側が判断して攻撃は減ったものの、カット型に打たれるという心配がないために相手が「とりあえずツッツキを切るか低く送って粘ればいいや」と考え始めた
  3. 攻撃をしないと相手に好き放題されてしまう

ツッツキとカットだけでは得点率で上回れない場合、ドライブを混ぜて得点を取りにいかなければなりません。しかしながら上記の1~3のような相手になると、ナックルに対するツッツキもきちんと切ってきたり低く収めてきたりするためなかなか強打を打たせてくれません。無理に強打しても、女子中学生の体格・中学始めのカット型のドライブであること・ラケットの弾みなどから、相手のカウンターをもろに食らいかねません。こうなってくると、ループドライブが真価を発揮します。

 

ループドライブの特徴とメリット

スピードドライブと比べた、ループドライブの特徴やメリットをまとめます。

 

打点

打点を落としたほうがかえって打ちやすいため、打つまでに時間的余裕があります。ですから回り込みの練習を大量にしなくてもミドルやバックへのボールに対して使っていけますし、カットして前に落とされた際にも前へ移動しながら大きくテイクバックを取って振っていくことができます。スピードで打ちぬくのが難しいカット型にとっては、低い切れたボールに対して使えることが最大のメリットです。

打点を落とすことはよく知られていますが、「打点が台から遠くても良い」点も優れています。遠くから打っても効果があるのでカット後に無理に前に出なくても使っていけますし、ループドライブに対してカウンターされた場合にはカットに持ち込みやすいです。

 
ゆっくりと飛ぶ

ゆっくり飛ぶため、身体を大きく使ってスイングしても体勢を立て直す時間があります。打った後の時間的余裕を確保することができます。


回転が多い

攻撃型はスピードドライブに比べるとループドライブを受け慣れていないため、思った以上にブロックを浮かせてくれることがあります。それだけで得点出来ればラッキー程度に考え、浮いたブロックに対して強打やスマッシュで得点を狙うことができます。回転が多いことにより、浅く高く入らない限りはカウンターもされにくいです。

 

 

打つ前にも打った後にも時間的余裕があり、そのことによって身体を大きく使えるので回転量が増え、速度と回転がスピードドライブと大きく違うため相手のチャンスボールにはなりにくくこちらのチャンスを作りやすいのです。

 

 

ループドライブの習得

↑の動画に、ループドライブが使われたシーンをまとめました。まずは動きのイメージを掴んでもらい、遠心力を使うことを覚えてもらいます。遠心力の使い方さえ覚えてしまえば打つことは非常に簡単です。何しろ打ちぬく必要が無いのですから。

ポイントは…

  • 大きく足を開いて左足前で打つこと(ただし右足前でも打てる)
  • お尻の後ろ辺りまで豪快にテイクバックをとること
  • 打点は思い切って落とし、身体の前ではなく横で打つこと
  • 大きく振る利点ー遠心力―を活かすため、テイクバックから打球の直前まで上半身の力は抜いておくこと
  • ぶつける要素は少なくし、ラバーだけで回転をかけるようにすること
  • 打ちぬくことは考えず、回転と深さを意識すること(最初は多少高くても良い)

 

まずは足の形と打点を覚えてしまうことです。足を大きく開けばスイングも大きくしやすく、そうすれば打点が落ちたところで思い切り回転をかけられます。この時、回転をかけようとする余り力が入って遠心力を殺すことが無いように注意したいです。

 

 

(おわり)