卓球と初心者指導(仮)

中学校の卓球部における指導について、主に考えていきます。

負けて泣く ver.2

以前も負けて泣くことについて書きましたが、あれから選手の様子を見る中で考えが変化たので改めて思うところを書いてみます。

 

 

負けて泣く中学生たち

私は、私が外部コーチをしている学校の選手たちを尊敬しています。中学スタートであるなしに関わらず一人一人違った長所が確かにあり、真似したいなと思うことが多々あります。ですので彼らの事は好きなのですけれど、彼らが負けて泣くことだけについては否定的な考えを持っています。まずは、彼らが泣く場面に遭遇した時に私が思うことをざっくりと。

 

悔しさや悲しさがあるのは分かりますが、誰にでも勝てるわけではないし、たとえ技術レベルに差があっても負けることはあります。そういうことは彼らも経験してきているはず。

緊張でいつもの力が出せず負けた、悲しい。でも、それは技術のと心の精度がまだ甘いからです。緊張しても入るくらいの安定感が無い、あるいは緊張した時の自分を練習中に想像できていないからです。ビビった状態から上げていく練習も足りていません。今の二年生の試合を観るようになって一年以上が経ち、技術的な進歩が大きいことは見て取れます。しかしながら精神的な成長が技術の進歩に追いついていません。だから「勝てたはずなのに…」と本人が思ってしまう状況が続くのです。

彼らの努力は立派と思います。でも、相手がどれくらい努力しているかは分かりません。努力量で相手が上回っているなら、負けて泣くというのは身勝手だと思います。

勝ち負けに一喜一憂しすぎと思います。勝ち負けを必要以上に意識させる要因が、どこかにあるのかもしれませんが。

 

 

負けて泣くことの弊害

ここまでは私の愚痴のようなものでした。ここからはもう少し理論的な内容にしたいと思います。

試合で負けて泣くことにより、次のような問題が生じることを懸念しています。

 

 

①感情的に全てリセットし、改善すべき点まで洗い流してしまう

②負の感情に支配され、良かった点を忘れてしまう

 

 

①感情的に全てリセットし、改善すべき点まで洗い流してしまう

負けたことや上手くできなかったことが悔しくてたまらないから涙が出る、これは仕方ないことと思います。そういう涙であれば、ひとしきり泣いた後に自ずから反省をし次の練習での真剣さや内容が変わるはずです。

しかしながら、選手たちを見ているとそういう涙ではないのではという疑念を禁じ得ません。泣いてなんとなく気持ちをすっきりさせるのと同時に、試合内容の改善すべき点までさっぱりと忘れてしまうように見えるのです。そうやって伸びしろをスルーしてしまうわけですから、また試合で同じようにうまくいかなくて泣くことになります。これではせっかく試合をしたのに、ロスが大きすぎます。

 

 

②負の感情に支配され、良かった点を忘れてしまう

グッとこらえること無しに泣くことで、一時的に頭が負の感情でいっぱいになってしまいます。そうなると、負けた中でも評価できる点をこれまた洗い流してしまうわけです。

格上相手にどうやってポイントを取れたのか、得点出来ずとも比較的良い展開にできたのはどういうパターンか、緊張した場面で一番良くできたものは何か…。方針を持って試合を進めていれば、負けの中にも必ず収穫があります。そういうものを忘れてしまうのは問題です。映像を撮っていれば後で確認できますが、泣かずにその場で良かったところを抑えていれば映像を観返す時には別の事を考えることが出来ます。

 

 

選手たちにどうして欲しいか

心の安定を取るために時には泣くことも必要ですので、「泣いてはいけない」とは言いません。しかしながら、簡単に泣いてほしくないと思っています。

泣かなければどうにかなってしまうような場合を除いて、泣く時間を試合を反省し良かった点と改善できる点を探す時間に充てるべきです。

負けて泣く癖やチームとしての慣習を、少しずつ無くして欲しいと思います。簡単に泣かないチームになれば、劣勢になっても精神的にグラつきにくくなります。よく「精神的に強くならないといけない」などと言いますが、試合に負けても泣かないことが回り回って精神的な強さを育むことに繋がるはずです。

先輩が泣いていたからとか、その場の雰囲気とか、自分の気持ち以外の要素で泣いてはいないでしょうか。本当にその涙は悔しさによるものでしょうか。そういうところを一人一人、自分に問いかけてみてほしいと思います。

 

 

(おわり)