読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓球と初心者指導(仮)

中学校の卓球部における指導について、主に考えていきます。

高弾性とテンション 番外編

先の記事のリンク先のブログにて、高弾性とテンションのお話を見つけたのでまた記録しておこうと思います。

 


マークVやスレイバーといった高弾性から初めてのハイテンションラバーに挑戦された方のお話です。

 

 

そもそも初めてのハイテンションとしてブライススピードというのはとんでもなく振り幅が大きく、誰が勧めたのか訝しんでしまいます。

テンションを試すにしてももっと適切な選択肢があったはずで、購入のアドバイザーに恵まれなかったのかなぁと思わずにはいられません。

 

卓球の用具はラケットとラバーを貼り付けて初めて機能しますから、その組み合わせのパターンは圧倒的な数です。その数の中でいくつかを用意したところであまり意味がないために、本格的な試打ができる場所が全国でも限られるのでしょう。

 

こういう話を見聞きすると、私が中学生に別の用具を触ってみてもらっているのも「良いこと」かなぁと思えます。